神埼市生活自立支援センターは、公益社団法人佐賀県社会福祉士会が神埼市の業務委託を受けて、生活困窮者の自立に向けた相談支援を実施します。

 

実施している事業

 

『自立相談支援事業』

 生活に困窮している方を早期に発見・把握し、相談者が抱える課題を評価・分析し、専門の相談員が自立支援計画を作成し、課題の改善、解決に向けた取り組みを行います。また、地域の関係機関との連携・協議を通じた、地域のネットワークづくりや生活困窮者を支える社会資源の開拓にも取り組みます。

 

『家計相談支援事業』

 生活に困窮している方の家計には、相談者が抱える様々な課題が経済的な問題となって現れます。
 家計の視点から相談支援を実施し、相談者が気づいていない課題や悩み・困りごとの原因を相談者自身に気づかせ、家計を管理しようという意欲を高め、家計の安定化を図っていきます。

 

具体的には

  1. 相談者に合わせた家計計画表、家計管理の方法で支援を行います。
  2. 税や年金の分納及び減免、債務整理、貸付のあっせんなどの制度の活用し、家計再生プラン(家計支援計画)の作成をします。
  3. 必要に応じて、相談者本人だけではなく、家族全体で家計計画、また、家族等からの支援の調整を行い、家計計画表とキャッシュフロー表の作成を行います。
  4. 家計以外の生活全般にわたる課題を総合的・包括的に情報を収集し、家計を早期に立て直すため、効果的に関係機関と連携して支援します。
    ※支援は、現金の給付ではなく、自立に向けた人的支援の提供が基本です。

         

『子どもの学習支援事業』

 生活保護家庭をはじめ生活困窮家庭やひとり親家庭等の子どもに対し、学習の場の提供、学習支援及び教育相談を実施することにより、子どもの学力向上を図ります。また、学習の支援等を通じて社会性や協調性を育むことにより、子どもの将来的な自立に向けて支援します。

    

【事業の概要】

 

自立相談支援事業

  • 訪問支援も含め、生活保護に至る前の段階から早期に支援
  • 生活と就労に関する支援員を配置し、ワンストップ型の相談窓口による情報とサービスの提供
  • 一人ひとりの状況に応じ、自立に向けた支援計画を作成
  • 地域のネットワークの強化など地域づくり

包括的な支援が継続的に受けられるよう、関係機関との連携調整を実施

家計相談支援事業

  • 家計収支に関する課題の評価・分析を行い、家計表の作成など、家計に関するきめの細かい相談支援を実施します。
  •                 
       
        

子どもの学習支援事業

  • 学校の宿題や予習・復習などの学習を習慣づけ、日常生活習慣や社会性の育成をサポートしています。
  •                 
         

 

相談支援のながれ

センター窓口において、専門の相談支援員がご相談をお受けします。

早期発見・早期対応

支援を必要とする方を早期に発見し、早期に対応します

 生活に困窮している方は、地域社会から孤立しやすく、本人から相談を発することがない場合は周囲から問題が見えにくく、また、見えていてもプライバシ ー等の問題より周囲から声をかけにくい状況もあります。
 地域の民生委員・主任児童委員や地域包括支援センター、障害者相談支援事業所、福祉事務所などと協力し、問題を抱えた対象者を早期に発見していくことに努めます。

訪問・相談

行って、見て、聞いて状況を把握します

 担当相談員が、行政などの面接室や対象者の住まいを訪問して、状況を確認します。

制度・検討

適用できる既存の制度がないか検討します

 必要に応じた家計相談支援事業での支援を提案します。その他の各種制度やサービス(介護サービス、障害福祉サービス、生活福祉資金貸付、日常生活自立支援事業、生活保護など)の制度が活用できないか検討し、包括的な支援のための計画を相談者の希望を尊重しながら提案します。

見守り

継続的に見守ります

 相談者の自立を目標として、継続的に見守り、相談などを行います。

 

 

Link

  • 佐賀県生活自立支援センター
  •